2019年10月16日

ナチュラル│打撲傷

打撲傷 外傷のとき腫れや痛みや傷痕を最小限にとどめるには、できるだけ早く患部に冷湿布をほどこすことだ。患部が冷えすぎないようにときどき休みながら、12時間ほど続けるといい。ホメオパシー薬のアルニカ(ウサギギク)を飲み、患…