2019年11月

気功に関する問題│姿勢

姿勢に関する問題 1.姿勢の選択と運用 体質と結びつける 意念を部位に集中することと結びつける 練功のステップと結びつける 気候環境と結びつける 習慣と結びつける 朝晩の要求の違いと結びつける 2.姿勢の鍛錬は堅持しなけ…

練功の要領│循序漸進

循序漸進(順序だててしだいに進む) 練功は一般的にいえば、短時間に基礎を学び、基本的な方法を習い覚えるのは可能である。しかし、練功をうまく行えるようになるには、短時間では無理であり、一定の鍛錬の過程を必ず経なければならな…

練功の要領│準確活発

準確活発 これは主に動功の肢体活動、自己按摩、自己拍撃などを行う時に、その姿勢が正しく、動作が規格に合ってはじめて、良い効果が収められることを指す。「拳を教えるのは簡単であるが、間違って身につけた拳を改めるのは難しい」と…

練功の要領│意気相依

意気相依 「意」とは練功中の意念の運用を指し、「気」とは呼吸の気と練功中のある種の感覚を指す。「相依」とは、この両者の関係が意を主にするか、気を主にするかを強調するのではなく、相互依存しなければならないことを指す・ ①意…

練功の要領│練養相兼

練養相兼 「練」とは、練功時に意識的に身体を整え、正しい姿勢をとり、身体をリラックスさせ、呼吸を調整し、注意を集中して雑念を取り除くなどの一連の過程を指す。 「養」とは、以上の一連の意識的な鍛錬の後に現れる、身体がゆった…

練功の要領│動静結合

動静結合 静と動の結合とは、一つには練功の方式において、静功と動功の密接な結合の強調し、そのことにより、練功者の体質を絶えず強め活力を回復させることである。もう一つは動功の練功時に「動中の静」を把握し、静功の鍛錬時に「静…

練功の要領│松静自然

松静自然 松靜自然とは、練功の具体的な操作過程ではいつも、身体がリラックスし情緒が安定しているという条件のもとに進めなければならないということである。 ①松 「松」とは、練功中における緊張状態を除くことであり、弛暖と緊張…

ナチュラル│腰痛(慢性)

腰痛(慢性) ほとんどの慢性腰痛は筋肉の構造的な破損からではなく、筋収縮のアンバランスと筋肉組織にたいする神経支配のパターンのアンバランスから生じる炎症によるものである。ある慢性腰痛の専門家はこれをTMS(緊張性筋炎症候…

ナチュラル│腰痛(急性)

腰痛(急性) 背部、とくに腰部は突然激しい痛みに見舞われ、身動きひとつできなくなる急性の腰痛(背部痛)は、人類だけが味わう不快な症状である。この災難は重い物をもちあげたり、脚がもつれたり、転倒したりしたときに起こることが…

ナチュラル│むくみ

むくみ 月経が始まる前に下腹部が膨らんだり、手の指が腫れたりする女性がいる。ホルモンの変化によるもので別に心配ないが、不快で、誤った身体イメージや肥満への恐怖感を抱いている女性には、心理的に大きなストレスになっている。売…