2019年12月23日

大・小周天をどうとらえるか②

3.鍛錬方法は全面的に否定するべきではない 内丹術の中の大・小周天は、鍛錬方法についていえば、全面的に否定すべきものではない。なぜなら、功夫は鍛錬しうるものであり、練功実践を通じたものならば、研究し参考にする価値を持って…