島田正路の言霊:はしがき

 これから言霊(ことだま)の話をしましょう。皆さんが小学校で習ったアイウエオ50音図が、なぜ右の行母音が上からアイウエオの順で並び、横の上段がアカサタナハマヤラの順で並んでいるかご存じでしょうか。これはある時代に単に偶然にこの順序で並べられたものが、そのまま慣習になったというのではありません。どうしてもこの順序で並べなければならない理由があるのです。この理由を、そして現代の日本人が使っている日本語の源泉である大和言葉の一音一音の持つ意味を、深く探って行くと、究極においてこれからお話しようとする言霊に行き着くのです。
 ある言語学者は「古代の日本人はことたまの存在を信じていました。人間が発した言葉には、その内容を実現する働きがこもっていると思っていました」と言っています。この場合のことたまとは言葉に魂という意味でありましょう。私がお話する言霊とは、言語学者のいうことたまの意味を包含しながら、もっともっと深い意味内容をもったものです。
 普通言葉とは、何らかの思考、意識、状況を他人に伝達する手段ぐらいにしか考えられていません。けれどもよく考えてみると、人間は口から発生する以前、頭で考えている時も、実は言葉で考えているのです。心の働きとは言葉の動きと言ってもよいでしょう。その心の動きを深く深く探っていきますと50音の言霊に行き着くことになります。端的に言って、言霊とは、人間の精神を構成している根本要素ということができましょう。
 「これは何だろう」という思考が始まった瞬間、人間の意識は必ず考える側の主体と考える方の側の客体とに分かれます。この時考える方の側の主体が捨象され、考えられる方の側の客体の内容が抽象化、法則化されますと一般に科学が成立します。物質科学は長い間かかって’物’とは何であるかの疑問に取組み、今世紀に入ってその全貌をほとんど解明するところまで進歩しました。物質の究極単子である諸元素の発見と、それら元素の先験構造の内容である電子、原子核、またその核内構造の解明です。そして核内エネルギーの解放に成功したのです。
 この科学への態度とは全く逆に、考える側の客体を捨象し、考える方の側の主体すなわち、人間とは、人間の心とは何であるか、を追求していって、その人間精神の先天、後天の究極の構造をあきらかにした時、その最終的な構成が言霊とよばれるものなのです。
 心の根源要素が50個あります。その50の要素のそれぞれにアイウエオ50音を当てはめました。そしてそれを「アイウエオ50音言霊」と申します。
 元素とか原子核内素粒子(核子)が物質宇宙の究極存在だとするならば、50音言霊はわれわれ人間の精神宇宙の究極存在だとするなら、50音言霊はわれわれ人間の精神宇宙の究極存在であると言うことができましょう。言霊とは言語学者のいうような、《言葉に魂》の意味ではなく、人間の言葉と心を構成している根本の言葉であり同時に「たましい」であるものということです。すべての大和言葉の物の名前はこの言霊の法則から命名されたものなのです。
 話を変えて現在世界の人類が直面している物心両面の状況を考えてみましょう。物質科学の進歩は人類に驚異の反映の反映と便利さをもたらしました。と同時にもしもその使用運用をひとつ誤れば、世界人類全体の破壊といういまだかつてない危険の可能性も現出しました。
 第二次大戦以降国際緊張はやむ時なく、反映のひそむ破壊が常に人類をおびやかしています。このような世界の危機状況に対処するには従来の哲学、道徳、宗教はあまりにも無力です。物質文明の急速な進歩向上に反比例するように、人類の精神文化の水平線は明らかに低下しています。高度に発達した物質文化の巨大な機械のハンドルを握っているのは、いまだ精神的にも錬金術の水準にしか達していない、道徳的には幼稚な人間なのです。物質文明と精神文化の完全な跛行状態といえます。
 ある精神主義者は物質科学の進歩追求をこの段階でストップさせるべきだと主張します。
しかしそれは歴史を逆行させることで、不可能でしょう。要は現代のごとく高度に発達した物質科学を人類の真の福祉に役立つようにコントロールすることが可能になるよう、人間精神の高揚自覚ができるかどうかが問題なのです。
 現代の科学文明を完全に包攝してコントロールできる人間精神とは、現代科学と少なくとも同じ程度の精密な詳細内容を備えた精神の先験、後天の構造原理でなければなりません。と同時に現代の《科学する心》をその構造図の中に合理的に組み入れることのできる精神原理であることが要求されるでしょう。このことが可能となった時初めて人間社会の営みである物と心の文化の両輪が調和の輪転運行が開始できることとなります。
 言霊の話は日本語の成立の起源と深い関係を持っています。言葉がどのようにしてできたかがはっきりしてきますと、日本の歴史の発見に明るい光を投げかけることにもなりましょう。これからお話しする言霊の原理が、以上の日本と世界の課題に明快な解決策を提供することができるものと思っています。
 この本を読んで言霊の意味に興味を持たれた方は、是非ご自分の心の内容に立入り言霊の存在を確認して頂きたいものです。そのことによって我々日本人の話す日本語の持つ素晴らしい内容と、人間の心の霊妙としか言いようのない構造に気づかれることでしょう。と同時に、人間とは何であるか、日本人とは、という問題に明確な解答を手にされることとなりましょう。