島田正路の言霊:言霊と古事記①

 古事記が、特にその神代の巻が、言霊の原理の手引書であるといったらどなたも驚かれることでしょう。
 現にいまの歴史学者の中には「奈良時代に到って日本の中央集権化に成功したその時の権力者が、その統治に権威あらしめる目的ででっち上げたのが古事記、日本書紀である」として両書は架空の創作書と称える人が多いようです。そしてその主張の根拠の第一が古事記の神代の巻です。古事記をただ漫然と歴史書として読む人にとってはそのように思うことも無理からぬことでありましょう。しかしそれは全くの見当違いなのです。
 古事記と日本書紀の神代の巻きは、言霊原理の隠没した時代の末に、再び日本人が潜在意識の底からその原理を甦らすために用意された神話の形をとった言霊の教科書なのです。
 古事記神代の巻の最初に登場する神名天之御中主神より建速須佐男命までちょうど百個の神名が挙げられています。古事記は神話の形をとって書かれた人間精神の根本構造を明示し呪示した言霊原理の指導書なのです。百神のうち前半の五十神は五十音言霊をそれぞれ示し、後半の五十神はその五十音言霊をどのように操作したら人間行動の理想の規範ができるかを説いています。簡単に説明してみましょう。
 「天地の初発の時、高天の原に成りませる神の名は、天の御中主の神、次の高御産巣日の神、次に神産巣日の神、この三柱の神は、みな独神に成りまして、身を隠したまひき」
以上は神代の巻の冒頭の文です。天地の初発の時などと言われると誰でもこの宇宙の始まった天文学的、地球物理学的な始まりのことと想像するでしょう。しかしここでは違います。古事記神代巻はすべて人間精神の内面について語っているのであって、客観的なそれの話ではありません。すなわちこの本の始めの頃お話しましたように、内に省みた広大な精神的宇宙から初めて人間意識が目覚めて、現象以前の先天的機構を経過して眼に見える現象が現れる細部の精神的消息を解説しているのです。天地の初発の時は常に〝いま・ここ〟に人間の意識が何もないところからふと生まれてくるその「初発の時」のことです。その何もない澄んだ宇宙が高天の原です。
 前に「言霊とは」の章で人間の意識が眠りから目覚めていく順序に従って言霊の発現を説明しました。実はその記述の順序は古事記に現われ出て来る神々の名が示す言霊の順序に従ったのです。天御中主の神言霊ウ、高御産巣日神言霊ア、神産巣日神言霊ワまではすでに説明しました。神名は次の宇摩志阿斯訶備比古遅の神言霊ヲ、天の常立の神言霊オ、国の常立の神言霊エ、豊雲野の神言霊ヱ…と続いています。そして天御中主神より建速須佐の男命までちょうど百の神名が出てくることとなります。それぞれの神名がどうしてそれに相当する言霊と結びつくのかの説明はあまりに煩雑になりますので後の機会に譲ることにしまして今は言霊五十音とそれを呪示する古事記の神名をそれぞれ列記しておくことに留めます。
 以上の五十神に続く五十神の神名は、先にお話しましたごとく前出の五十音言霊をいかように運用操作したら人間の理想的行為の規範を実現し得るかの操作法であります。また伊耶那美神の後に十数個の島の名が出てきますが、これは言霊のそれぞれが、またその操作法が、精神宇宙のどの位置にあり、どのような意義を持っているかの呪示であります。
 「成りませる神の名は天の御中主の神」。成りませるとは生まれてくることであり同時に〝鳴りませる〟として言葉として現われてくることでもあります。生まれてくることとそれが名を持つこととは不可分の人間文明創造の根元です。言と霊と同一であること、すなわち言霊です。何もない宇宙に初めてボャーと生まれる根源の意識、それは「我在り」の起源となる意識です。○の図中の真ん中の一点です。宇宙は広いものです。だから、その中の一点といえばどこをとっても中心です。漫然としながらもこの中心に在りとする意識の始まりーこの存在を天の御中主の神という神の名前で呪示したわけです。そしてその存在は言霊ウです。
 「次の高御産巣日神、次に神産巣日神…」とは全純粋主観である言霊アと全純粋客観である言霊ワです。○である言霊ウから主観・客観が別れたことを示します。「独り神に成りまして身を隠したまいき」。ウ・ア・ワと呼ばれる世界は、示された時、他の何ものにもよることなくそれ自体独立した一つの宇宙でありますので、それを〝独り神〟というのです。またそれぞれの実在は決して現象とはならず、先天の宇宙でありますゆえに〝身を隠したまいき〟と申します。