ひとりあんま・気功・整体.16

その他注意事項

①調身の大事なポイントは、体をリラックスさせることです。そのためには、単に力を抜くだけでなく、調身を行う前に、体を締めつけている一切のものを外し(または、ゆるめて)体を束縛するものから解放して、楽な状態にしてやる必要があります。

まずズボンのベルトをゆるめ、シャツの胸元のボタンを外し、腕時計も外します。眼鏡をかけている人は、眼鏡もはずしましょう。

もちろん、電車の車内やオフィスでできることではありませんが、自宅であんま気功をするときには、必ず実行してください。

②激しい運動をした直後、あるいはセックスをした直後に、あんま気功をするのはやめてください。運動やセックスで精力を使った直後は、体内の気が足りなくなっているからです。

③怒ったとき、イライラしたとき、ショックで気持ちが動転しているときは、すぐにあんま気功にとりかかるのはやめましょう。そのままの精神状態ではとても調心ができませんし、感情が激しているときは気が乱れていますから、あんま気功を行っても、有益な効果が期待できないからです。

④食後一時間以内の満腹時と、極端な空腹時にあんま気功をするのをやめましょう。