ひとりあんま・気功・整体.31

歩きすぎて脚がむくんだ

別に病的な症状ではありませんが、長時間立っていたり、歩き詰めだと、脚がむくむときがあります。

そんなときに最適な、経絡を刺激するひとりあんまです。

このあんま気功法で刺激する経絡は、腎経です。腎経は足の裏から、ふくらはぎや股のやや内側をたどって、腹部や胸へとつながっています。

①まず床にすわって、両手をふくらはぎにあて、五本の指でゆっくりと押しもみながら、足首の方へ向かいます。途中、内くるぶしの頂点の後に太谿という、むくみをとるには効果的なツボがあります。このツボを親指の先で、グーッとやや力を入れて押してください。

②太谿の指圧が終わったら、さらに足の指先まで、足の裏側を押しもんでいきます。この膝の下→足の指先までのマッサージを約一五回くり返しましょう。