コンテンツ

気功とは

気功整体とは

気功は中国の歴史の中で発展してきた心身鍛錬法です。
姿勢の調整、呼吸の鍛錬、意識の集中と運用などの鍛錬をおこなうことで、心身の機能を調整・増強して自然治癒能力を発揮させます。

気功は、中国武術で知られる硬気功(武術気功)と治療などに用いる軟気功に大別されます。

硬気功は武術気功と言われ、中国に古くから伝わる太極拳や中国拳法をはじめ、合気道や空手、剣道なども硬気功の一種です。特に中国拳法は、気功によって心身を鍛え、そして鍛錬を重ねることにより力をつけていくもので、合気道は気功によって相手のエネルギーを受け流し、相手の力を使って相手を倒すものです。

硬気功は「破壊の気功」と言うこともできます。これに対し軟気功は「癒しの気功」といわれるように、心身を健康な状態にするために用いられます。

軟気功は、主に気功師が行うもので、さらに外気功と内気功に分かれます。
外気功は自分以外に対して気を放射するもので、内気功は自分に対して気を巡らすものです。この外気功、内気功はともに病気の予防や治療、健康の維持や回復、精神の安定や寿命を延ばすことを目的にします。

内気功はさらに静功、動功、按功にわかれます。

静功は体を動かさずに行う気功で、意識、呼吸の調整によって、高ぶった気を鎮めたり、気を高めたり、気を養ったりするのに使われます。
動功は、体を動かし、全身の気や血を滞りなく巡らすものです。
安功は、整体や推拿などにより、気の巡りを高めるもので、他人に対し行うこともあります。

気功整体療法とは

私の気功整体は、中医学に基づき、推拿と外気功によりアンバランスを調整し癒す療法です。

中医学では、人と宇宙(自然)を統一されたものと考えます。
その統一体の中には陰と陽という二つの概念があり、対立したり、制約したりしながら存在しています。
人が健康な状態でいるとき、人体の陰陽のバランスは保たれています。
しかし陰陽のどちらかが強くなったり(偏盛)逆に弱くなったり(偏衰)すると健康が損なわれます。

五行論では、自然界に存在するすべてのものを木、火、土、金、水の5つに分類します。
そして中医学では、五蔵(肝、心、脾、肺、腎)をはじめ、さまざまな物質や諸器官を木、火、土、金、水の特性に合わせて5つに分類し、診断や治療に応用しています。

気功は人によって感じ方の違いがございます。電気の走るようだ、熱い、ポカポカ温かい、何も感じない人とさまざまです。
何も感じなくても効果に変わりはございませんのでご安心ください。また一回目で何も感じなくても二回・三回と続けていくうちに感じるようになるお客様もおられます。