ひとりあんま・気功・整体.5

このような手続きを経て、ツボを刺激すると、ツボに気が送り込まれ、やがてツボの周囲に独特な感覚が生じます。つまり、この感覚がツボが気を受け取ったという反応なのです。この反応のような合図を「得気」、または「酸脹感」といいます(この本ではすべて「酸脹感」で統一します)。

では、得気と酸脹感とはどんなものか、説明します。得気には、大きく分けて五種類あります。それは①酸(だるい感じ)、②麻(しびれる感じ)③涼(涼しい感じ)、④熱(熱い、または暖かい感じ)⑤脹(はれぼったい感じ)の五種類で、そのうち酸と脹の感覚を酸脹感といいます。ただし、この五種類の感覚をすべて感じる必要はありません。五種類のうち、どれか一種類の感覚を感じればいいのです。

つまり、あんまは外気と内気との静かな無言の対話なのです。手から外気を送り込むことが友人の家のドアをノックする事だとすれば、酸脹感は家の主の無言の返事なのです。

このように気と気の対話が成り立たないと、効果がないので、私はあんま法とは呼ばずに、あんま気功法と呼ぶようにしているのです。