スタッフブログ

小周天功法│煉薬

煉薬 封固し終わったら、そのまま火逼金行の方法をもって武火を運用し続けていき、一本の暖流が自然に背部督脈を昇っていって三関を通り抜け、さらに頭頂…崑崙より下りるようにもっていく。前面を流注する任脈に接続したならば、文火を…

小周天功法│採薬/封炉

採薬 小薬が産出されたならば、時機をとらえて採薬しなければならない。しかし、採取の奥義は秘伝とされていた。たとえば、『金丹大要』には、「採とは何をいうのか。採とは、不採を採に変えることをいう。不採を採に変えるとは何のこと…

小周天功法│産薬

産薬 「神を凝らして気穴に入れる」という鍛錬によって、精気はしだいに旺盛になって行き、ついには小薬(大周天では大薬)が産出される。この小薬は真種子とも呼ばれる。たとえば『金仙証論』には「調理によって薬物が生み出されるのを…

小周天功法│調薬

調薬 薬とは精・気・神であり、調は、調え理める意である。したがって、第2ステップの功夫である調薬は、いかにして十分な薬物を治煉(煉薬)に供給するかという功夫である。 精・気・神の三者の関係でいうと、神をもって精・気という…

小周天功法│煉己

小周天功法 小周天功法は百日築基と総称される。具体的な練功法については、ふつういずれも物に喩えられていわれるが、謎めいていて曖昧である。総じていえば、6つのステップに分けられる。煉己、調薬、産薬、採薬、封炉、煉薬のステッ…

小周天の鍛錬│あらまし

小周天のあらまし 1.周天と小周天 古代の天文学者は天体を球形に象り、その表面に日・月・星を配列した。この球面の中には周囲無限大で、ここに大圜と称する一帯を仮にあるものとして設定した。これは黄道ともいわれる。黄道は一周3…

気の周流│三要素③

火候 <火とは何か> 『規中指南』には「神は火である。気は薬である」、また『金仙正論』にも「火は神である。汞、日、鳥、龍ともいうが、いずれも自らの中の真意をいう」と述べられている。したがって、『真詮』に「火候はつねに心神…

気の周流│三要素②

薬物 『玉皇心印経』には「上薬に三品がある。神・気・精である」とあり、『規中指南』には「採薬とは、身中の薬物を採取るすることである。身中の薬とは、神・気・精である」とある。 精・気・神は、後天のものは用いず、内薬といわれ…

気の周流│三要素①

鼎器、薬物、火候が、大・小周天功法の鍛錬過程での不可欠の3要素である。 鼎器 鼎器には、鼎、炉の2つがある。内丹術では、内丹鍛錬に鼎炉はかかすことができないと考えられている。この鼎炉は鍛錬者自身の身体に存在するものでなけ…

気の周流│功法の概略

大・小周天功法の概略 内丹術をその内容とする書物を、丹書あるいは丹経という。明代の『道蔵』には、120~30もの丹書が収録されている。述語が煩雑で、意味が明瞭でないため読解が容易ではないことが、内丹書に共通な特徴である。…
2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031