スタッフブログ

古歩道│医療訴訟が医療変質①

医療訴訟が「金を毟りとる医療」へと変質させた① 最初に述べておくが、1950年代ごろまでアメリカの医療制度は、超大国アメリカに相応しく世界最高の医療体制を誇っていた。現在と違い、当時は別に人を殺す「悪魔の医療体制」ではな…

古歩道│マネーに換える錬金術

アメリカの医療技術は世界一、といわれている。技術だけ見れば確かにそうだろう。 実際、日本の医療ドラマでは「アメリカ帰りの医者」=「凄腕」というのが定番、テンプレになっていると、医療ドラママニアの本書担当編集氏も証言してい…

古歩道│米英の実体⑥

オーストラリア人の5人に1人が薬と医療過誤により死亡(『英国医療雑誌』2000年11月11日) BMJ(英国医療雑誌)は、ニュージーランドの国家商品協会代表で、ニュージーランド健康省傘下、医療過誤にアドヴァイスする ワー…

古歩道│米英の実体⑤

英国では毎年4万人が医者の失敗によって死んでいる 英国では医療過誤が、がんと心臓病に次ぐ3番目に高い死亡原因である。年間4万人が死にいたっている。他の事故死の合計4倍に達する。 病院ミスに関する緊急調査の数字を見ると、2…

古歩道│米英の実体④

薬物反作用で死ぬ人は年間10万人と予測される(CNN) 毎年、処方箋あり、および処方箋なしの薬の逆反応でアメリカ人10万人が死亡し、210万人が深刻な障害をこうむっている。研究者が発表した。 そういう反応は…処方ミスと薬…

古歩道│米英の実体③

イギリスにおける医療過誤による死亡は500%に達する(監査委員会) 昨年、英国の公立病院で焼く1200人が処方や投薬のミスによって死亡した。政府監視グループが出版したレポートが報じた。 監査委員会によるレポートに、間違っ…

古歩道│米英の実体②

患者の安全のためのナショナル・ファウンデーション NPOの「患者の安全のためのナショナル・ファウンデーション」が伝える最近の調査によると、42%の人が、直接、あるいは友達や親戚を通じて、医者の過誤による損傷を受けたことが…

古歩道│米英の実体①

現代医療は、医者の格言でいえば、もはや「病膏肓に入る」レベルに達している。医者や病院の利益、儲けのために「人を殺す」ことにためらいがなくなってきているからである。日本より情報公開が進んでいるアメリカを軸に、「人を殺す医療…

古歩道│医原病認めないのは②

医原病を認めないのは交通事故を認めないのと同じ② 本書で何度も何度も今のシステムがおかしい、医原病を認めないのは狂っていると指摘しているのは、交通事故死を「事故死」と認めないぐらいヘンだと思っているからだ。 おかしい、だ…

古歩道│医原病認めないのは①

医原病を認めないのは交通事故を認めないのと同じ① 「確かに医者や病院で行われる医療行為の中には、相当、危険なケースがあり、それが結果的に死期を早めることもあるだろう。 だが、それを医原病といって『医者のせいだ』『病院のせ…