スタッフブログ

私の気功体験㊴

新しい時代の生みの苦しみ!? コロナ禍、ウクライナ問題、異常気象、戦争による狂乱物価高このまま行けば資本主義社会を続けることが出来ない事態に突入する。まずは日本が変わらなければ世界は変わらない。 日本は言霊の国、言霊によ…

私の気功体験㊳

ウクライナ問題、あまり書きたくないけど報道がひどいので書きます。ロシア軍の虐殺が報道されているけど普通虐殺した事を宣伝してくれとそのままにして撤退するはずないでしょう。もしそうであればロシアは軍隊内が二分していることにな…

私の気功体験㊲

人の中に個体と言う意識が芽生えることから矛盾が発生する。社会と言う意識から個体が独立しようという意識から矛盾が発生する。しかしこの意識はすべてを抱合するものでなければならない。それが神と言う意識、人が思考するたみには言葉…

私の気功体験㊱

以前、予言の中で、ロシアが北海道から攻めてくるというのがあった。当時はなぜこのようなことが起こるか判らなかったが、ウクライナ問題での日本政府の対応からこれはこのことを言っていたのかもしれないと思った。しかしこの予言は第三…

私の気功体験㉟

ウクライナ問題の解決は話し合いによる解決しかない。ウクライナの大統領の武力による立場を取っている事が問題を複雑にしている。武力による解決は再び武力を生み、真の解決とはならない。話し合いによる解決は再び話し合いを生み、真の…

私の気功体験㉞

ウクライナとロシアの戦争、どう考えてもおかしい。ウクライナは一般の人々を盾に戦闘集団が動いているとしか考えられない。またロシアが生物化学兵器を開発しているという情報はネットを探してもない。生物化学兵器は元々は日本が開発し…

私の気功体験㉝

すべての人の自由と平等を実現する仕組みとは不可能なのかもしれない。霊界は階層世界と聞いている。これも当然で仮に経験のない事をしろと言われれば出来ないのが当たり前で、それを実践しろと言われれば逆差別、尚且つ出来ないからと虐…

私の気功体験㉜

神とは、火と水であり、火は精神、水は物質である。二つが合わさって神と言う。観念論と唯物論が合わさって神と言うのである。神の世とは一方だけではダメであり精神と物質が一致した世と言うことである。 これは人の脳の認識の仕組みで…

私の気功体験㉛

今までは弱肉強食でも大丈夫であった。人が弱肉強食を捨てないのならすべての武器を捨て、素手で戦い様にすべきである。そうすれば第三者に迷惑が掛からない。武器を使うと当事者以外の関係ない人が巻き込まれ命を失う結果となる。これも…

私の気功体験㉚

私たち人間は言葉を発明する事により社会生活を営み、且つ内面を豊かにすることができるようになった。生きるとはエネルギーの発散、吸収であり、人に作り上げたもののエネルギーを価値として商品、貨幣、資本を創造した。人が商品となる…
2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930