2019年05月

ひとりあんま・気功・整体.28

寝つきが悪い 近年、ビジネスマンの中で、不眠を訴える人が増えてきました。ストレスの種がつきず、気の休まる暇もない生活が続いているからでしょう。 中国医学では「胃不和則寝不安」といい、不眠症は胃や脾の気が不足し、機能が低下…

ひとりあんま・気功・整体.27

イライラする 現在はストレスが万病のもとと言われます。 中国医学ではストレスがたまってイライラする状態を「虚火上炎」と呼び、イライラは気の流れが乱れ、濁った気が体の上のほうに上がりすぎてしまうことによって引き起こされる症…

ひとりあんま・気功・整体.26

二日酔いがひどい2 B=①まず楽な姿勢で椅子に浅くすわり直し、肩の力を抜いて全身をリラックスさせます。手に意識を集中させながら、ゆっくり深呼吸をくり返しましょう。 ②最初は頭痛を治す方法です。 首の後ろ、髪の生え際に、風…

ひとりあんま・気功・整体.25

二日酔いがひどい1 頭がガンガンするし、胸はムカムカするし、二日酔いの症状は実にやりきれないものです。放っておいても、いつかは治るものだとはいっても、平日では仕事にひびきますし、休日でも休みが台なしになります。 中国医学…

ひとりあんま・気功・整体.24

花粉症に効く2 ③小鼻の両脇に、迎香というツボがあります。このツボも鼻炎の特効ツボです。鼻カゼや鼻炎でにおいや香りを嗅げなくとも、このツボを刺激すると鼻の調子がよくなり、香りを感じることができるようになるというので、名前…

ひとりあんま・気功・整体.23

花粉症に効く1 花粉症にになると、目がかゆくなったり、鼻や喉の粘膜がむずがゆくなって、くしゃみ、鼻水がとまらない、鼻がつまるなどの症状がでます。 ①楽な姿勢で椅子に腰掛けて、肩の力を抜いて全身をリラックスさせます。目を軽…

ひとりあんま・気功・整体.22

鼻の症状をとる 鼻がつまる、鼻水がとまらない 会社を休むほどではありませんが、鼻水と鼻づまりは実にわずらわしいものです。鼻づまりがひどくて鼻で息ができなかったり、ひっきりなしに鼻水が出ていたのでは仕事にもなりません。早く…

ひとりあんま・気功・整体.21

耳鳴りがする 耳鳴りは病気や薬物の副作用によっておこる場合もありますが、ストレスや老化が原因で引き起こされる場合も少なくありません。痛みをともなう症状ではありませんが、自分の体内に騒音の源を抱えているわけですから、その不…

ひとりあんま・気功・整体.20

目が疲れた2 目と肝経に気を送り込み、根本的に疲れ目を癒す方法は、以下の二種類があります。 目とその周辺を刺激して、目の疲れをとるあんま気功法です。手を洗ってから、はじめましょう。 A=①楽な姿勢で椅子にすわって、全身の…

ひとりあんま・気功・整体.19

目が疲れた1 パソコンの普及によって、疲れ目はオフィスで働く人間に共通する悩みになってしまいました。それだけでなく、家庭にもパソコンは着実に浸透していますから、疲れ目はいまや年齢、性別を問わず、国民に共通する悩みなのかも…