2020年07月

西野皓三│あとがき②

“充実した人生”は「いい呼吸」なくして手に入らない!② 人生とは生まれた時、白いキャンバスの前に自在に描ける絵の具を持った自分というのが本態です。そこに、溢れるエネルギーによって描いてゆくのです。エネルギーによって光り輝…

西野皓三│あとがき①

“充実した人生”は「いい呼吸」なくして手に入らない!① 人間は生きていることだけが真実です。生きているからこそ、生活があるのです。生活というのは、現実の諸々の生命現象なのです。それは、動いたり、笑ったり、はしゃいだり、怒…

西野皓三│足芯呼吸②

「足芯呼吸」で、細胞レベルの生命エネルギーに満ち溢れた身体を創る② 人間の身体は小宇宙だとよく言われますが、まさに身体の中に宇宙があることを体感して、かつてない感動に震えました。無重力空間を漂っているようなその感覚を“宙…

西野皓三│足芯呼吸①

「足芯呼吸」で、細胞レベルの生命エネルギーに満ち溢れた身体を創る① 西野流呼吸法の基本となるのが「足芯呼吸」です。 足の裏から息を吸うという秘訣を発見してから、私は足の裏に意識を置いて深く静かに吸う練習を繰り返しました。…

西野皓三│挫折より始まる②

挫折から明日が始まる② 歴史は混乱と動乱の連続です。その間には束の間の安定期が存在しますが、それはあくまでも短期間のものでしかないのです。長いスパンで見たとき、歴史に安定という言葉は存在しないのです。 ところが多くの人は…

西野皓三│挫折より始まる①

挫折から明日が始まる① 逆境とは、挫折だと言ってもいいでしょう。挫折した経験のない人は、自他ともに認める、実りある人生を築くことはむずかしいと言えます。 挫折とは、単なる失敗という意味ではありません。人や社会の用意したマ…

西野皓三│逆境が人生を②

逆境こぞが人生を拓く② 人間においても、あくまで生きている快感を感じながら、逆境を次々打ち破っていくというのが基本的には望ましい、そして結果的にも充実した人生を生きるあり方なのです。 頭脳による小細工を弄せず、自ら体を張…

西野皓三│逆境が人生を①

逆境こそが人生を拓く① 予想もつかない出来事の集大成が歴史でもあるように、人生というものは、本来、何の保障もない不安定ない不安定な基盤の上に形成されていくのです。 その不安定さの中で、人はそれぞれの人生を模索しているので…

西野皓三│嗅覚とテューモス②

嗅覚とテューモスの関係とは② ちなみに、タイム(ジャコウソウ)の花言葉は「元気・活気」と「勇気」で、テューモスに通じます。タイムもまさに、スピリティッドネスそのものなのです。同じ植物に関する言葉としては、香り高いジンチョ…

西野皓三│嗅覚とテューモス①

嗅覚とテューモスの関係とは① 前述のフクヤマ氏はテューモスのことを、すなわちスピリティッドネス(spiritedess)だと言っていますが、これは実に示唆深い表現です。 スピリティッドネスとは、「活気のある」という意味の…