2020年12月

古歩道│WHO⑤

ワクチン産業の犯罪行為 要するに、この驚くべき状況は、ワクチン産業がいかに情けないものになってしまったか、WHOもCDCも実際にはいかに堕落したか、を如実に示している。ここで起きているのは堕落と賄賂と呼ばれるものだ。キッ…

古歩道│WHO④

詐欺は実際どのようにして行われるか これはWHOワクチン詐欺のまとめ。 ステップ1 リスクを誇張する…WHOはフェーズ6の流行を宣伝して大流行のリスクを煽る。たとえ、ウイルスによる死亡率が、簡単なビタミンDサプリメントの…

古歩道│WHO③

WHOへの非難はまだある WHOの利害衝突の処理のまずさを非難する医学出版物はBMJだけではない。『EC議会』に載ったレポートでもWHOは非難されている。「議会は、H1N1インフルエンザの大流行の処理方法については、WH…

古歩道│WHO②

WHOの信用は地に落ちた このレポートはデボラ・コーエン(BMJの特集編集部員)と、『ロンドン・調査報道事務局』で働くフィリップ・カーターが書いた。記事の中でコーエンは述べた。「…われわれの追及で致命的な問題が明るみに出…

古歩道│WHO①

暴かれたWHOスキャンダル…アドバイザーたちがH1N1ワクチン製造会社からキックバックを受けていた(マイク・アダムス{健康監視人}、ナチュラルニュース編集部) 2010年6月5日 【ナチュラルニュース】衝撃の新レポートが…

古歩道│製薬会社③

アスパルテーム…ラムズフェルドの遺産生物兵器(ベティ・マルティーニ{ミッション・ポッシブル創業者]) 現代世界の数多い皮肉の中でも、ジェラルド・フォードが大統領自由メダル…アメリカ最高の市民栄誉…を1977年1月19日に…

古歩道│製薬会社②

タミフルを後押しする製薬会社とドナルド・ラムズフェルドとの問題ある関係(2009年5月2日「デイリーメイル・オンライン」)② これは、ブッシュ大統領の保健問題トップ・アドバイザー、マイク・リーヴィットが、伝染病は米国だけ…

古歩道│製薬会社①

タミフルを後押しする製薬会社とドナルド・ラムズフェルドとの問題ある関係(2009年5月2日「デイリーメイル・オンライン」)① 豚インフルエンザ薬「タミフル」を後押しする製薬会社が、前・米国国防長官ドナルド・ラムズフェルド…

古歩道│ロックフェラー研②

「優生学」を受けついだロックフェラー医学研究所② 毒を持ってがんを防ぐ。その名目は、あらゆる毒の開発へとつながる。また、がん発生のメカニズムの研究も行われる。原爆開発では、「アトミック・ソルジャー」としてグラウンド・ゼロ…

古歩道│ロックフェラー研①

「優生学」を受けついだロックフェラー医学研究所① ロックフェラー財団、つまりロックフェラー医学研究所は、バイエル社からアスピリンを供与してもらい、ドイツ医療ギルドから譲り受けてアメリカの製薬メーカーとなった「メルク・カン…