古歩道│WHO①

暴かれたWHOスキャンダル…アドバイザーたちがH1N1ワクチン製造会社からキックバックを受けていた(マイク・アダムス{健康監視人}、ナチュラルニュース編集部)
2010年6月5日
【ナチュラルニュース】衝撃の新レポートが以下のことを明らかにした。世界保健機構(WHO)が新型インフルエンザH1N1の世界的流行を宣言することを保証するトップ科学者たちが、それのワクチン販売によって儲ける製薬会社と緊密な金銭関係を持っていた。このレポートは『英国医学雑誌(BMJ)』に掲載されたもので、WHOに世界的流行を宣言させ、ワクチン製造会社に何十億ドルもの利益をもたらす秘密の紐帯を明るみに出した。
WHOに世界的流行を宣言させる数人の主要アドバイザーたちが、大流行宣言によってタナボタ式に利益を受ける当のワクチン製造会社から、直接金銭的供与を受け取っていた。これに関してWHOは、トップ・アドバイザーと、決定によって金銭的利益を得ることになる製薬会社との間に利害衝突があると明かすことを拒否した。
言い換えれば、キックバックはすべて、テーブルの下で極秘に処理されていたということで、WHOは、大流行が宣言されれば大儲けする側にいる個々人から政策上のアドヴァイスを受けているということを、世界に知らせるのは重要であるとはそもそも考えていない。

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031