2021年01月

言霊百神|創造意志(子音)④

岐美二神は造物主であり、人間の先祖であると従来の一般神道家国学者は簡単に考えている。祝詞の中ではその名を皇御祖(すめみおや)と称えている。『ウエツフミ』などにも「タカマトヨチ、オホチ(大父)カムイザナギノミコト」と記され…

言霊百神|創造意志(子音)③

人類の言語の原則である布斗麻邇の五十音はこの原則を把持し、この原則によって生み出される。そして同時に五十音そもそもが生命の知性の基本である原理原則の自己表現となる。真理の把握表現方法としてこれ以上に正確にして簡潔なものは…

言霊百神|創造意志(子音)②

以上のところをもう一度繰り返して説こう。初め宇宙が剖判すると高御産巣日(アオウエ・イ)と神産巣日(ワヲウヱ・ヰ)に分れる。仏教ではこれを五大(地水風火空)と云い、儒教ではこれを五行(木火土金水)と云い、キリスト教ではこれ…

言霊百神|創造意志(子音)①

伊邪那岐神【言霊イ】 伊邪那美神【言霊ヰ】 この二神は『古事記』「序文」に「二霊群品の祖(おや)となれり」とあるところの造物主である。事物はすべて物夫れ自体すなわち独神で存したとて現象にはならぬ。太極の宇宙自体の始原感覚…

言霊百神|識の原因原律⑦

八父韻の八律を要約すれば四律である。初めに宇宙が剖判した原律である陰陽の相対が根本原理として何処までも万物を律して行く。陰陽を水火(瑞穂)と云う。現象の原律である八律もまた相対的なものであって、例え   ば一個…

言霊百神|識の原因原律⑥

宇宙は初め渾沌であり暗黒である。これに物質の振動としての音波、光波、電磁波があり、精神には同じく振動である霊波、念波としての意識の活動がある。物と云わず心と云わずすべて振動を輻射するものを光り、すなわち霊馳りと云う。その…

言霊百神|識の原因原律⑤

扨て、是等八神の神名からチイキミシリヒニの八父韻の意義を的確に探り出そうとすることは前述の如くまことに困難である。要は神代の皇室の口伝による秘宝として継承されて来た言霊の八父韻に、後から是等の神名を宛てて、その文字と概念…

言霊百神|識の原因原律④

淤母陀琉神(おもだるのかみ)【言霊ヒ】 妹阿夜訶志古泥神(いもあやかしこねのかみ)【言霊ニ】 オモタルは面足(おもたる)であって、事物の外面に開発し、表面が完成した心。アヤカシコネはあやにかしこき音の義。この神名からはそ…

言霊百神|識の原因原律③

意富斗能地神(おほとのぢのかみ)【言霊シ】 妹大斗乃弁神(いもおほとのべのかみ)【言霊リ】 オホは思うであり、また大(おほ)である。大いなる思いを斗(量)る土台(地)となり、弁(わきまへ)となる音という意味と解すればよい…

言霊百神|識の原因原律②

角杙神(つのぐいのかみ)【言霊キ】 妹活杙神(いもいくぐひのかみ)【言霊ミ】 角の活らきの杙すなわち柱、拠り代、生きることの拠り代となる音と云うほどの意味と解せられよう。『日本書紀』には「角織尊(つのくひのみこと)、活織…