2020年12月

古歩道│大麻を奪った③

ロックフェラーが人類から大麻を奪った③ このマリファナ禁止法によって、1965年から2千万人以上の逮捕者が出ている。1年で40万人、月3万6000人、一日1200人、1時間に50人の逮捕者という計算になる。 捜査経費の総…

古歩道│大麻を奪った②

ロックフェラーが人類から大麻を奪った② こんな、とんでもない政策をアメリカ国民が受け入れたのには理由がある。 1929年の世界恐慌後、アメリカ経済は大胆な財政出動によって1934年までに、一旦、持ち直した。ところが、なぜ…

古歩道│大麻を奪った①

ロックフェラーが人類から大麻を奪った① 大麻は、万能薬で、簡単に栽培できる。 ロックフェラーが目論む石油化学産業による「医薬品」独占と利益の収奪は、まさに「大麻」販売権を独占することで実現する。 かくてロックフェラー一派…

古歩道│「大麻」は万能薬④

まあ、見てもらえばわかるが、どんな病気でも薬効がある万能薬なのである。 まさか、そう思っている人もいるだろう。だが、別に不思議でもない。大麻にかぎらず、アヘンを作るケシにしても「万能薬」と言っていい。事実、効果の高い医薬…

古歩道│「大麻」は万能薬③

腹膜痛、非ウイルス性肝炎、膵臓炎、腎炎、腎障害、尿管結石痙攣、尿道炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、精巣回転症、骨盤内炎症性疾患(PID)、子宮内膜症、月経前緊張症、膣痛、更年期障害、スタージ・ウェーバー症候群、湿疹、天…

古歩道│「大麻」は万能薬②

鎮静薬依存症、コカイン依存症、アンフェタミン依存症、アルコール乱用、タバコ依存症、心因性多汗症、心因性幽門痙攣、心因性排尿障害、歯ぎしり、吃音、神経性食欲不振症、非特異的チック障害、トゥレット症候群、持続型不眠症、悪夢、…

古歩道│「大麻」は万能薬①

フレクスナーというよりロックフェラーの狙いは、アヘンの成功モデルを別の「麻薬」で再現、その利益を独占することにあった。 説明するまでもなかろう。「大麻」である。 この時代、「大麻」は化学医薬品業界にとって最大の敵であり、…

古歩道│アヘン戦争の真実⑤

そうしてヘロインを摂取すると、今度は地獄の苦しみから、一転、天国の快楽を味わえる。このギャップが凄まじいのだ。これこそが「ドラッグの王様」のゆえんである。アヘンの快楽は、普通のレベルから、ケッコー、いい気分、という程度に…

古歩道│アヘン戦争の真実④

ヘロインの最大の害は、脳に快楽物資をダイレクトに送り込むことで、本来、脳内で分泌されている脳内麻薬がストップすることにある。脳内麻薬に似た物質が大量にあるために、脳がそう判断してしまうのだ。しかもヘロインの供給が止まって…

古歩道│アヘン戦争の真実③

ヘロインは、モルヒネに無水酢酸を入れ加熱して生成する。最大の違いは、アヘン(モルヒネ)が水溶性なのに対して、ヘロインは脂溶性物質という点にある。この脂溶性こそ、ヘロインが「ドラッグ(薬物)の王様」と呼ばれるゆえんなのだ。…