中国秘伝ひとりあんま気功⋆①

胃潰瘍に最適な心を安静にする内養功⑴
 ストレスが大きな原因となる病気だけに、胃潰瘍・十二指腸潰瘍には心をリラックスさせ、精神を安静に導く「内養功」がとても効果的です。病院でもらった薬を飲むのと並行して、補助治療法として規則的につづけると、病気の回復がさらに早くなります。さっそく、試してみてください。
①まずズボンのベルトをゆるめ、シャツのボタンをはずし、胸元をひらき、心も体もリラックスします。
 ベッドか、布団の上に横向きに寝て、下になったほうの脚は自然に伸ばし、上になったほうの脚は膝をすこし曲げて下になったほうの膝にかさねます(膝を約一二〇度に曲げると、理想的です。)
 下になったほうの腕は肘を曲げ、枕の上(顔の前)におきます。上になったほうの腕は自然に伸ばし、指をひらき、股の上におきます。
 正しい姿勢であろうとするより、両腕と両脚から力を抜き、楽な姿勢にすることがなにより大切です。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30