スタッフブログ

西野皓三│細胞ラジオ①

私たちの身体は“細胞ラジオ”のようなもの① 彼女はその著書の大詰めの章「答えを求めて Searching for Answers」で、移植手術を行っている心臓外科医、分子生物学者、脳生化学者、神経心理学者、さらには心身の…

西野皓三│身体にいる“誰か”②

手術後感じた、自分の身体の中にいる“誰か”② 彼女のような例はけっして珍しくないのです。 同書の中で報告されている事実ですが、自ら骨髄移植を受けたウェイン州立医科大学のポール・パーセル博士(神経心理学)によると、臓器移植…

西野皓三│身体にいる“誰か”①

手術後感じた、自分の身体の中にいる“誰か”① このクレアさんは、自分自身の体験を『A CHANGE OF HEART(チェンジ・オブ・ハート)』という本にして出版しました。発売されるや全米でベストセラーになり、テレビをは…

西野皓三│心まで移植②

「こころ」まで移植された② 彼女が変わったのは、食べ物の好みなども、手術前と後ではガラリと変わってしまったのです。 彼女はテレビのインタビューの中で、「以前は背が高くスラッとしている黒髪の女性がよいと思っていましたが、移…

西野皓三│心まで移植①

心まで移植された① 身体知、つまり細胞レベルの知が持つ、信じられない能力についての話題を紹介しましょう。NHK衛星放送の「ワールド・レポート」で紹介された「心まで移植されたのか」題されたレポート(米国ABCテレビ制作「ト…

西野皓三│変わっていく身体②

西野塾でみるみる変わっていく身体② 貫和教授は、すでに述べたように西野流呼吸法を稽古し、東北大学のキャンパスでも西野流呼吸法の自主クラスを開いておられるほどの身体知の持ち主ですが、もともとは高校時代からその成績が母校で語…

西野皓三│変わっていく身体①

西野塾でみるみる変わっていく身体① 西野塾に長年通っておられる東北大学加齢医学研究所の貫和敏博教授は、呼吸器および分子生物学の第一人者で、国際的にもトップレベルの研究をなさっています。 貫和教授は、「西野流呼吸法を始めて…

西野皓三│ 一がすべて

一がすべてで、すべてが一 最近、あたかも右脳や左脳の機能的な働きが、人間そのものを決定するかのように言われているふしがあります。 人間の身体は、受精卵という一つの細胞が、徐々に分化していき、それが臓器や脳のように複雑で高…

西野皓三│左脳摘出手術②

左脳摘出手術を受けた患者の驚くべき状況② その左脳摘出手術は、外科医ピーコック博士が行いました。左脳を摘出した人間が、はたして生きていけるのだろうか、またさまざまな障害が起こる可能性があるのではないかという懸念はありまし…

西野皓三│左脳摘出手術①

左脳摘出手術を受けた患者の驚くべき状況① 身体知の驚くべき実例を一つ上げたいと思います。 アメリカのUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で神経外科医のワーリック・ピーコック博士が手術を行い、信じられないような成果…
2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930