ひとりあんま・気功・整体.27

イライラする

現在はストレスが万病のもとと言われます。

中国医学ではストレスがたまってイライラする状態を「虚火上炎」と呼び、イライラは気の流れが乱れ、濁った気が体の上のほうに上がりすぎてしまうことによって引き起こされる症状だと考えています。

つまり、濁った気が上がることで、感情が高ぶりやすくなって、すぐにイライラするのです。ですから、イライラを治すには、上昇した濁った気を下げる必要があります。

楽な姿勢で立って、肩幅と同じ幅で足を開き、肩の力を抜いて、体をリラックスさせます。右手と左手の親指をのぞく四本の指を交差させ、胸の前に当てます。右手と左手の四本の指を交差させたまま、両手のひらで上腹部から下腹部へ撫で下ろします。約二〇回、撫で下ろしましょう。