帯津良一│手足の冷え

手足の冷え
八邪 八風 三陰交 関元 大椎
手や足の先は、心臓という血液のポンプから一番遠いところにあるので、血流が滞りやすく、すぐに冷たくなりがちです。夏でも冷房で冷え性になる場合も多く、手足の先は年中冷えぱなしです。「胃や腸、骨盤など全身の血行が悪くなる」、「代謝が鈍り水はけの悪い体になる」、「自律神経が乱れ免疫力が低下する」など、さまざまなトラブルが発生します。
手足の冷えを解消するツボは、八邪と八風です。押すとたちまち手足の血のめぐりがよくなり全身がポカポカしてきます。関元、大椎への温灸もいいでしょう。
三陰交は、全身の「血管を拡張」する作用がある大事なツボです。婦人科系の不調など、血液に関係するさまざまな症状で活躍します。

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829