帯津良一│若返り

若返り(アンチエイジング)
湧泉 関元 養老
何歳になっても、頭がしっかりして見た目も気持ちも若々しくあるための老化防止に役立つツボは、足裏にある湧泉と下腹部の関元、手首にある養老です。
中医学では、「腎の衰えが老化である」といいます。逆にいえば、腎を強くすれば老化予防できるのです。東洋医学でいう五臓六腑の一つ、腎イコール生命力です。腎が強い人はストレスにも強く、気持ちが安定して元気なことが多いようです。
湧泉は、「生命エネルギーの湧き出す泉」という意味の腎の働きを活発にしてくれるツボ。関元も「元気の元がつく」といわれる腎の働きを活発にしてくれるツボ。関元も「元気の元がつく」といわれる腎と関係の深いツボで、月経不順にも活きます。養老は若返りのツボといわれ、昔から、「お年寄りの養生に灸をすえる」のに用いれてきました。血行をよくしてくれます。

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031