ナチュラル│過剰の心配を

不足より過剰の心配を
 実際には、タンパク質欠乏症になることは難しい。たくさん食べていれば、緑の野菜からも十分なタンパク質がとれる。
 栄養学者の錦の御旗である「四大基本食品群」の四つのうち三つが、じつはタンパク食品である。つまり、①乳製品②獣肉・魚肉・鳥肉・卵・豆類、③パンとコーンフレークなどがタンパク質である。
肉食の問題点
 食用に飼育した動物を食べることは、上の者が下の者を食べるという生物の序列である地球の食物連鎖の、ほぼ頂点に立つことになる。肉食動物は、その連鎖に沿って濃縮された多くの環境汚染毒物を体内に蓄積している。菜食を中心にしたほうがいい理由の一つはそこにある。植物は食物連鎖の底辺に位置し、一般に汚染も少ない。