波動医学.2│歴史的背景

2.ニュートン医学VS.アインシュタイン医学…医術と医学の歴史的背景
生薬医学…薬物療法のはじまり
ホメオパシー医学…生薬医学の革新
水の驚異…水が可能にするもの
ホメオパシーによる治癒の微細エネルギー・モデル
【キーポイント】
1.アロパシー医学(通常医学)の薬物動態学的なアプローチでは、からだの細胞系に作用する一定量の薬物が使われる。薬物動態学モデルは、細胞膜における用量依存性の薬物…レセプター結合率に代表されるような、分子レベルのニュートン力学的相互作用に基づいている。
2.ホメオパシーでは、微細なエネルギー場の相互作用を通じて、治療による生理学的変化をもたらし微量の薬物が用いられる
3.ホメオパシーでは、薬物のエネルギー的特質はまず水のような溶媒にうつされ、それから中性の乳糖の錠剤にうつされる。治療目的で利用されるのはその薬物の分子の特性ではなく、波動的特性である。
4.ホメオパシーでは、薬物の分子の濃度を希釈するほどその効果は増強する。これは、薬物濃度が高いほど効力が増強するとされる、通常医学の薬物動態学的モデルとは正反対である。
5.ホメオパシーでは「類似の法則」に基づいている。その法則にもとづき、健康人が使用したときに病人とおなじ症状をひきおこす薬物が治療に用いられる。患者の症状を、すでに明らかになっている薬物の「ドラッグ・ピクチャー」(薬像)とマッチングさせることによって、患者と薬物との波動医学的な一致がえられる。
6.ホメオパシーでは、必要な周波数の微細エネルギーを患者のからだに供給し、からだを刺激して、バランスを回復させるような薬物が選択される。薬物の周波数が患者の病状にあえば、共鳴によるエネルギーの移動がおこって、患者の生体エネルギー系があたえられたエネルギーを効果的に同化し、毒性を除去して、あらたな健康の平衡状態へと移行する。

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930