波動医学.11│近未来の医学

⒒近未来の医学…ホリスティックな癒しとパラダイムシフト
還元主義からホーリズムへ…波動医学とホリスティック医学
ストレス、病気、ウェルネス…健康と全体性のあたらしい定義
心理的ストレス
ストレス度の高い労働条件、および気候
薬物によるストレス
栄養ストレス(欠乏症、過敏症)
環境ストレス、汚染、ミアズム
電磁気学的汚染
地理的ストレス(ジオパシック・ストレス)
多次元的エネルギー場に由来するストレス
【キーポイント】
1.われわれは現在、物理学から医学。生物学にわたる自然科学全般の大規模なパラダイムシフトをむかえようとしている。その変革には、機械的ニュートン・モデルから、複雑だが相互結合しているエネルギー場としての宇宙という、アインシュタイン的モデルへの移行も含まれる。
2.意識はエネルギーの一形態である。輪廻転生の思想で説明されているように、意識は自己表現のための物質的媒体を通過しつつ相互作用することによって進化していく。それは、生物学的な進化を促す高次の霊的レベルの原動力ともなっている。
3.人間は精神・身体・霊の複合体である。その複合体は、つねに高次エネルギーの各次元とのダイナミックな平衡状態を維持している。それらの高次エネルギーは、物質的身体という媒体に「生命力」と「創造的表現力」を賦与している。
4.高次エネルギーの物質的構造への流入を制御しているのは、チャクラ/ナーディ系と経穴(鍼灸点)からなる「接触面」である。それらは体内の生体クリスタル的ネットワークと協調して働いている。
5.心臓病を治療するには、さまざまな方法がある。従来の医学モデルは、薬物、外科的治療、また心機能を改善するための血管形成術などの様々な保存的治療をもちいる。ホリスティック医はビジュアライゼーション(視覚化法)やストレス・リダクションにくわえて、代替療法としてキレートレモン療法をもちいることがある。
波動医学の治療家は、さらに微細エネルギーレベルの疾患誘因因子(たとえば心臓チャクラの機能障害など)をあつかう。それには、さまざまな波動医学的療法、すなわちフラワー・エッセンス療法や宝石エリクシル、クリスタル療法、ホメオパシー療法、経絡のバランスを調整する療法、霊的な内的対話をうながすカウンセリングなどが含まれる。理想的には、単一の治療法オプションを用いることが望ましい。この「統合医療モデル」は、多次元的方法であらゆるタイプの疾病を治療すべく拡張されたモデルとなるだろう。
6.現代の医学モデルは治療にあたるさいの方法論として、教育内容に「問題指向型アプローチ」を取り入れている。これは、治療者がその方法をもちいて患者の問題点を分類できたときにのみ病気として診断され、治療がおこなわれることを意味している。したがって、健康上の問題点を認識する能力は、診断装置の感度と個々の臨床家の姿勢と臨床能力に左右される。
7.現代医学がされに細分化していき、診断にされに厳しい時間制限が課せられることになれば、医療関係者は急性症状と表面的問題しか扱わなくなっていく。HMO(健康維持組織)の医師に「緊急性」あるいは「医学的重要性」を根拠に。「些細な問題」と評価された症状をますます無視するようになるだろう。そのような目でみえにくい問題点は、健康システムのありかたを検討するうえで、長期的にみればひじょうに重要な問題である。
8.さまざまな治療法のあいだにある相違は、「健康」の定義の相違に由来している。通常医学の医師が、症状のない「ニュートラルな状態」あるいは「OK」の状態に患者を復帰させることに躍起になっているのにたいして、波動医学またはホリスティック医は「ウェルネス」状態を治療目標に設定する。ひとりの患者をウェルネス状態にまで導くには、個人に即した治療メニューが必要になり、面接時間も長くなる。しかし長期的にみれば、患者をウェルネス状態に導いたほうが国民の健康水準が上昇し、あらたな疾病発症の予防にもなる。
9.人間が健康を維持し生長を続けるためには、あるていどのストレスは必要である。それを「ユーストレス」(良性ストレス)という。機能障害は、心身が外界のストレス負荷にたえかねたときに発生する。そうしたかたちで、良性ストレスも「ディストレス」(苦痛あるいは悪性ストレス)に転化しうる。心理的ストレスは、家庭や職場の環境が苦痛かどうかを示す個人の心理的態度を表しているにすぎない。
10.栄養補給と適切な食事、瞑想、ストレス・リダクション法には、一般的な感情的ストレスや生物的ストレスを和らげる効果がある。
11.世の中には目に見えない有害ストレスが多数存在する。そのなかには、心理的ストレス、栄養的ストレス、時間生物的ストレス(睡眠サイクルの変化)、化学物質(薬物、汚染物質、食物や微量毒物)による環境ストレス、細菌、ウイルス、電磁波放射、ジオパシック・ストレス(異常な地球のエネルギー場)、不定的なサイキック・エネルギー場などがある。
12.波動医学的診断システムは、それらの多様な有害ストレスの影響を特定し、治療法を決定することができる唯一の方法であると思われる。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930