ナチュラル│悪い癖を治す.3

合法薬物嗜癖
<アルコール>
◎アルコールの危険から身を守る最良の方法は、毎日のむという習慣をやめることだ。週に2~3日の禁酒日を決めて、それを守ること。
◎アルコールをリラクセーションの手段として使わないこと。
◎肝臓・泌尿器・前立腺に問題のある人、上部消化管に潰瘍その他の障害がある人、精神神経系に問題のある人は、飲んではならない。
◎空腹時にアルコールは飲まないこと。
◎アルコールはビタミンB群、とくにB1を燃焼させる。飲むときは、サイアミン(100㎎)を取るとよい。
◎表示義務を免除されているアルコールには有害な添加物が含まれている場合がある。信用あるブランドものを選ぶ。
◎アルコールにはカロリーがある。その場で燃焼させなければならない。したがって、アルコールと同時に摂取した食物が体に蓄積される。減量を試みている人は、アルコールをやめると目的を達しやすくなる。
◎どうしてもやめられない人は、カウンセラーに相談するといい。
<タバコ>
タバコの害から身を守る最良の方法はタバコを吸わないことしかない。
◎呼吸法を練習すること。
ベータカロチンを取っていただきたい。一日2万5千単位(15㎎)、ある程度修復し、肺がんの予防に役立つ
◎アルコールを飲むときはタバコを吸ってはならない。両者を組み合わせると複合効果をおこす。
<コーヒー嗜癖>
コーヒーも強力な薬物である。
<その他のカフェイン飲料>
紅茶、コーラなどのソーダ類、それに南米産のマテやガラナにカフェインが含まれている。
<チョコレート嗜癖>
チョコレートは食物であると同時に薬物であるという、特殊なケースである。カフェインに似たような作用をするテオプロミンが大量に含まれている。
<カフェイン全般についての注意>
一日に摂取したカフェインの総量が問題となる。