ナチュラル│乗り物酔い

乗り物酔い
多くの人が、乗り物酔い(加速度病)の予防と治療にはショーガがいいと報告している。生のショーガをお茶にして飲んでもいいし、砂糖漬けのショーガを1片食べてもいい。それでは刺激が強すぎると感じる人は、スパイス用の粉末ショーガをカプセルに入れて飲めばいい(必要に応じて2~4カプセル)。服用のタイミングは、乗る前か最初の徴候に気づいたときでいい。何かを食べると楽になる人もいる。たいがいの人は深呼吸をすると楽になるという。
売薬の乗り物酔い予防薬はたいがい抗ヒスタミン剤であり、意識活動を妨げる強い副作用がある。それにかわるものとしては、処方薬のスコポラミン貼付薬がある。これを耳のうしろに貼ると、皮膚を通じて微量のスコポラミンが体内に入り、症状を緩和する。スコポラミンはナス科植物の誘導体で、貼付以外の方法で体内に入れると強い毒性を発揮するが、貼付薬では口渇を除けば副作用もほとんどない。抗ヒスタミン剤よりは、こちらのほうがいい。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930