ナチュラル│ヘルペス(疱疹)

ヘルペス(疱疹)
単純疱疹ウイルスは唇や口腔内に口唇ヘルペス(熱性水泡)を起こし、生殖器に陰部ヘルペス(陰部疱疹)を起こす。臀部や大腿部、下腹部に疱疹が出来ることもある。私の患者には親指にヘルペスができた人もいた。単純疱疹ウイルス感染の顕著な特徴は水泡、または水泡群ができることで、最初はチクチクした感じや痒みがあり、だんだn痛くなってきて、やがてかさぶたができて自然に消えるのがふつうである。感染の初期には発熱・倦怠感・リンパ節の腫脹などがみられる。再発はふつう初発より緩やかだが、短期間の全身倦怠感から始まることが多い。一度感染すると、ウイルスは生涯体内にとどまる。そして、免疫系の監視を逃れて神経細胞の中に棲み、ときどきいたずらをする。風邪・他のウイルス感染・過労・太陽光線・皮膚の物理的刺激・感情的なストレスなどが引き金になって再発することが多い。1年に1回もかからない人もいれば、数週間おきにかかる人もいる。
◎口唇ヘルペスにかかる頻度を減らし、かかっても程度を軽くするには、毎日、栄養補助食品としてL-リジンを飲むといい。不幸にして陰部ヘルペスには効果がない。
◎口唇ヘルペスの簡単な治療法は、エーテル(ジエチルエーテル)を一滴、患部に塗る事だ。かさぶたの形成を早めて、治癒を促進する働きがある。薬剤師に相談すれば、少量を売ってくれる。
◎陰部ヘルペスの効果的な家庭療法はまだ見つかっていない。
◎イメージ法や自己暗示で、ヘルペスウイルスに「休眠状態でいてくれるなら歓迎する」ということ伝えるのもいい。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930