小周天功法│体得③

黄芽白雪
丹書で「黄芽白雪」とよくいわれる。黄芽白雪とは、練功中に眼中に出現するのを感じ取ることができる光芒をいうのである。白雪は白光であり、黄芽は黄光である。

女丹法
女性の練功方法が女丹法である。丹書では「女丹経」と称される。女性の練功方法が男性と違いのは、まず第一段階で「斬赤龍」すなわち月経を断つ功夫を鍛錬しなければならないところにある。つまり、女性の練功は、まず両乳間の膻中に意守し、月経を断ってから小周天功夫を行うのである。また練功姿勢は、跨鶴坐を採用する。

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031