帯津良一│ぜん息

ぜん息
中府
喘息の発作は夜中に起きることが多く、胸が苦しくなり、ひどいときは、呼吸困難から窒息症状を起こし、死に至ることもあります。
喘息の原因は、ウイルス感染、ホコリ、ダニ、ストレス、過労、寝不足、冷気などいろいろです。まずはこれらの原因から、遠ざかることが第一でしょう。部屋を毎日水拭きし、空気洗浄器を置けるなら置き、口呼吸をしないようにすることも大事です。
発作が起きたら、肩にある呼吸器の名穴、中府をすかさず押しましょう。中府の中は中止の「中」です。府は「集まるところ」で、「病気の原因である邪気が集まる場所」という意味です。毎日根気よく押して「邪気」を追い払いましょう。

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829