帯津良一│食欲

食欲コントロール
太衝 厲兌
太衝と厲兌は、足にある胃腸の働きを整えるツボです。
ここを食事の20分前に、ちょっと痛いくらいに強く押すと、しっかり食欲を抑えてくれます。逆に、ソフトに気持ちいいと感じる程度にマッサージすると、弱っていた胃腸の働きが整い、食欲がわいてきます。
人間は、緊張したり痛みを感じたり、強い刺激を受けると食欲がなくなり、リラックスすると食欲が増すようにできています。「痛いくらい強めに押す」のは、全身を緊張させて、交感神経の働きを高め、食欲を遠ざけるためです。押し方に注意して下さい。
食欲を抑えるのは、“痛いほどの痛覚刺激”がポイントです。