西野皓三│ “足芯呼吸”の方法②

“足芯呼吸”のやり方②
西野流呼吸法②
【天遊】“天遊”は西野流呼吸法の最も基本となるものですから、しっかりとマスターしましょう。
天真爛漫な子供が無心で“天”に“遊ぶ”ようなのびのびとした気持ちで行います。
身体を十分にゆるめ、両手で誘導するようにして“足芯呼吸”を行っていみます。身体を前に倒したときは、意識も体重も完全に“足芯”
(足の裏)におりるようにします。
息は鼻からゆっくりと細く長く、大きな木が根から水分を吸い上げていくようなイメージで吸います。
全身の血液の循環をよくし、エネルギー溢れるパワフルな身体を作ります。

西野流呼吸法③
【円天】“円天”はゆったりとした気持ちで全身をリラックスさせ、両手で“天”に大きな“円”を描くように行います。
なにものにもとらわれず、おおらかな気持ちで行うと、大きな丸い“円”が描けます。
息を吐いていくときは、両手首をやわらかく反らせながらゆっくりと下ろしていきます。手首に意識をもっていくと、手がかたくならずにうまくできます。しゃがんだ姿勢ではかかちが浮かないように。肩に力が入らないように腕はのびのびと前方に伸ばします。
足首や膝を柔軟にして、腰痛にも効果があります。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031