言霊百神│創造の序曲①

ここ(是)に天津神諸(あまつかみもろもろ)の命(みこと)を以(も)ちて
先天の内容である十七言霊を「天津神諸の命」と云う。みこととは御言である。この十七個を天名(あな)と云う。「あな(穴)かしこ」と云われるアナであり、先天すなわち先験(せんけん)a-prioriのことであり、先天とは人間知性の基本内容としての実在と識の原律である。これを観念的に「天神の命令」と云うだけの意味に考えては原理は現れて来ない。ミコト(命)とは生命のおのずからなる命令であると共に、その内容と具現としての御言(みこと)であり、言霊である。