言霊百神│子音の創生⑨

大事忍男神より大宜都比売神までの三十二神の系列は先天(あな)である母音半母音が交流する道として父母音が交流する道として父母音の結びによって未鳴(まな)の状態の真名が頭脳中に発生し、それが身体の諸器官、諸機能を動員して、口唇を衝いて発せられて有音の神名となり、その言語としての空中の音波と思念波が耳に聞かれ、再び身体の器官機能の作用で元の真名として頭脳に聞し召される経過である。