私の言霊体験㊷

 私はお化けを信じるタイプの人間ではない。そんな私にお店にお化けが出るので何とかならないかという相談が来た。私はお化けとは本人が作り出した恐ろしいイメージの現実化であると思う。だから何らかのエネルギーが存在していると思う。あまり好きではないがそのお店に行ってみてお化けが出るという場所を教えてもらいエネルギーをチェックしてみた。特別いやな気がするわけでもなかったので祝詞を上げ簡単なお祓いを済ませ帰ってきた。家に帰りベットに座ると私の体からスーと抜けるような感じがした。楽しそうな感じの霊を一瞬見たような気がしたが直ぐに上空消えてしまった。その後一切お化けが出るという噂を聞かないからそのエネルギーを浄化したようである。
 私はそのお店の従業員から頼まれて浄化しにいったのであるが、その経営者はそのような噂を全く信じないタイプの人で人間的にちょっと好きになれないタイプの人だったので挨拶程度の関わりにとどめておいた。そしてその場所にエネルギーがあったことは事実であるがその原因は追求しないことにした。
 私も人間なので誤りもするし他人の迷惑になることもしたと思います。本人は自覚ないが私の存在自体迷惑ということもあり、こればかりは許してもらうより仕方がない。
 ただタイプとして悪いことを喜んでするタイプの人とできないタイプの人がいることは理解しておく必要がある。多分成長過程の習慣でつくられた性格だと思うができれば悪いことはしないようにしたい。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30