私の言霊体験㊸

 言霊の基本は音と体内の気の流れの関係、音と心の内容との関係を解明することである。人は言葉に表すことができないものは実体として現実に存在させることができない。まずは心に思うことが実体化する仕組みを理解すること、そうすれば言葉こそ霊であり実体の原因であることがわかるはずである。言葉によるコミュニケーションができなければ相手の霊界を理解することも入ることもできない。また会話自体が発展転化するすることが創造の基本である。複雑な思考も言葉を駆使して体系化を図っているのである。新しい現象が発見されるとまず新しい言葉を作ることから始め、そこ言葉に連鎖から次第にその内容が明確になり社会に普及していくことになる。
人間の世界は言葉を理解することからコミュニケーションが始まり心が理解できるのである。それが理解できればすべてのものと会話することもできる。人と人との会話だけではない。人と他の動物・植物、物自体(自然界)とも会話することができる。その言葉を利用した会話の最高度に発達したのが人間であり神といわれる心の作用である。だから言葉にマイナスイメージを入れるとそれが現実化するのでよくないのである。言葉に表すにはプラスイメージすることが正しい方法である。自分の発した言葉は最後に自分に返ってくることをよく考えること。そうすれば悪い言葉の使用を控えるであろう。なぜなら他人に発した言葉が実は自分に返って来るからである。それが言霊の基本原理である。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30