ナチュラル│ガンにならない.2

ガンにならない方法
1.女性の場合
血液中にエストロゲン(女性ホルモン)がふえたら、乳房および生殖器系にがんが発生しやすいということは知っておいたほうがいい。エストロゲンがそれらの部位の細胞を刺激して、増殖を促すからである。35歳までに出産する、標準体重を維持する、定期的にエアロビック運動をする、低脂肪で菜食に近い食事をするなど、ホルモンの大赦を正常にたもつ生活をすることによって血中エストロゲン値をコントロールし、リスクを減らすことができる。
エストロゲン摂取の危険は、避妊用ピルの服用と更年期のホルモン代償療法である。
2.健康に一層気を配ろう
放射線・化学物質・ウイルス・物理的刺激・遺伝などなど、がんを促進する因子の数々についてはよく知られているが、それらがどのように作用するのかについては、まだ正確にはわかっていない。共通している最終経路は突然変異を起こしてDNAを変化させ、体の他の部分との協調関係を無視し、正常な活動周期を終えても死なない、通常の成長メカニズムから逸脱した細胞群を生み出してしまうということらしい。突然変異がおこるとDNAの中に誰もがもっている休眠がん遺伝子が活性化され、腫瘍から身を守ろうとする調節遺伝子を蹴散らして、さまざまな障害をもたらすことが分かっている。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930