ナチュラル│花粉症

花粉症
アレルギー性鼻炎、枯草熱などとも呼ばれる。その不快な症状は花粉の季節になると多くの人を悩ませている。花粉は本来、人間の敵ではないのだから、すべてのアレルギーと同じく、これも免疫の過剰反応である。
わたしから見ると、現代医学の花粉症治療はあまり感心できない。
花粉症治療の頼みの綱は抗ヒスタミン剤である。抗ヒスタミン剤は目・耳・のどなどのかゆみを軽減し、鼻水をとめ、くしゃみを抑えるが、一方では脳に作用して眠気を誘い、抑うつを招く。意識に悪影響を与えるという意味で、わたしは抗ヒスタミン剤を毒物だと考え、できるだけこれを使わないように指導している。数年前から、脳には吸収されない新型の抗ヒスタミン剤が市場に出てきた。最初に出てきたのはテルフェナジンである。これは眠気も抑うつも招かないが、効かない人もいるし高価である。
脳に吸入されようとわれまいと、抗ヒスタミン剤に反対するのは、それが症状だけを押さえつけるものだからである。アレルギー反応という肝心のプロセスを変えずに、現れた症状をブロックするだけだからである。症状を押さえつける治療は、その病気を長びかせることに通じる。あらゆるアレルギーは、ライフスタイルと精神状態を変えさえすれば、自然に消える可能性がある。
ステロイド剤は抗ヒスタミン剤よりもさらに強力に症状だけを押さえつけるもので、医師は花粉症の患者に鼻噴霧剤を処方することが多い。確かに症状の緩和に劇的な効果があるが、免疫系の働きを弱める働きある。
強力が薬剤に変わる、安全な天然薬がある。刺のあるイラクサである。ほとんどの花粉症患者の症状を即座に消してくれるイラクサは毒性がなく、鉄分をはじめとするミネラル源としても価値がある。イラクサは世界中で見られる雑草である。たいがいの健康食品店にはイラクサのお茶が置いてある。
花粉症の治療に用いるのは、カプセルに入った、イラクサの葉のフリーズドライ・エキスが一番いい。症状に応じて、2~4時間おきに1~2カプセルを飲むといい。
私はよく花粉症患者に、温かい食塩水で鼻洗をするように指導している。
すべての方法で失敗したら花粉のないところに逃げ出すのも良い方法である。あらたな感受性ができるまでの1~3年間は、花粉症の悩みから解放させる。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930