ナチュラル│髪&かゆみ

の毛の悩み
頭髪がカサカサしてもろく、細くなったら、料理にクロフサスグリ油を加えてみるといい。一日に2回、500㎎ずつだ。1カ月半から2カ月で変化があらわれる。変化が始まったら服用量を半分にへらし、適当な時期までつづける。

かゆみ
かゆみは不思議な現象だ。アレルギーや(たとえば肝障害による)代謝不全の一症状でもあるが、身体的な原因がないように思われる場合も少なくない。医師はかゆみの治療に抗ヒスタミン剤やステロイド外用薬を処方する。しかし、抗ヒスタミン剤も局所用のステロイド外用薬も危険な薬剤である。かゆみが全身にひろがった場合は、イラクサのカプセル剤を飲み、コーンスターチとコロイド状のオートミールを入れた風呂に入るといい(アヴェノ風呂療法)。ホメオパシー療法も試みる価値がある。
かゆみが局所に留まっていれば、薬局で売っている非ステロイド系のかゆみ止め軟膏か、クリームを塗ればいい。健康食品で売っている中国の薬草軟膏「タイガーバーム」もいい。
目のかゆみはよくあるアレルギー症状のひとつである。目のかゆみはキンセンカのローションで湿布をし、イラクサのカプセルを飲めばいい。
肛門のかゆみは特殊なケースである。痔からきたものでなければ、食べたものの刺激によることが多い。とくに、辛子や唐辛子が原因になりやすいので、それらを避けることである。アメリカマンサクの樹皮と葉からとるエキスを塗るといい。