ナチュラル│憩室炎

憩室炎
よく見られる病変で、大腸の内壁にできた異常な嚢(ふくろ=憩室)に炎症が起こり、急激なさしこみ、下腹部痛、便秘、または便秘と下痢の繰り返しに発展する。私は憩室炎は生活病だと考えている。というのは、正しい食生活をしている人、コーヒーやタバコをやらない人、運動をしている人、消化器系を乱すようなストレスの予防法を知っている人に起こったためしがないからだ。
あまり進行していない憩室炎の治療は、高繊維食をとることから始める。これに小麦胚芽か車前子を加えていく。お腹の中で膨張するので、水を大量に飲む人は注意を要する。便軟化剤もいいだろう。急性症状が消えるまで、生野菜は食べないほうがいい。腸の炎症部分を刺激する。食後はアロエの葉のゼリー質の部分を食べるのもいいが、下痢にならないように量を少なめにすることだ。
一番大切なのは一切のカフェイン類とタバコを避けること、そしてストレスリダクション法行うことだ。憩室炎が感染によって悪化した場合や腸の通貨障害が起こった場合は、抗生物質や外科手術が必要になることもある。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930