気功に関する問題│姿勢

姿勢に関する問題
1.姿勢の選択と運用
体質と結びつける
意念を部位に集中することと結びつける
練功のステップと結びつける
気候環境と結びつける
習慣と結びつける
朝晩の要求の違いと結びつける
2.姿勢の鍛錬は堅持しなければならない
姿勢を練功の求めるものに合わせるためには、自己流になってはならない。
3.いくつかの具体的な問題
側臥式は、左側臥でも右側臥でもよいが、一般には右側臥位をとる。
①人の心臓の位置が胸腔の左側にあるので、左側臥では心臓を圧迫し、心臓の血液量を制限し、全身の循環量を減少させ、シビレやすくしてしまう。
②胃の内容物は幽門を通過して十二指腸に入るが、右側臥は胃腸の蠕動方向に沿っており、胃を空にし食欲を増進させやすい。
一つの功の中で姿勢を変えてもよい
顔つきは自然に

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031