帯津良一│急な下痢

急な下痢
神闕 合谷
「胃腸が弱い人が起こしやすい下痢」「ストレス性の下痢」「冷えからくる下痢」と、その原因は様々ですが、いずれの場合も、おへその神闕が効きます。ここを掌で、腸の流れと同じ時計周りにさすってみましょう。
さらに、蒸しタオル、温かいペットボトル、ドライヤーの温風などで温めると、冷や汗まで出るような下痢の波の、やがて遠のいていきます。
おへその上に塩を盛り、その上にお灸をのせる塩灸も効果があります。薬局などに“簡易灸”が売られています。これなら扱いも簡単で、自分一人でも手軽にできます。やけどをしないように気をつけて試してみてください。お灸には、①温め効果、②モグサの薬効、③気の流れを整える、という効能があります。
緊急の痛みを抑えるツボ合谷もあわせて押せば安心です。

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031