古歩道│黒幕は医薬品業界②

 21世紀現在、アメリカ産業界で、国際競争力を持つ工業製品は何か、と問えば、軍需やIT関連をイメージする人が多いだろう。しかし世界を圧倒している意味でいうならば、医薬品が断トツなのである。
 そのシンボルが世界最大の製薬メーカー「ファイザー製薬」である。年間売上6兆円、うち純利益1兆円、なんと利益率17%というお化け企業こそが、アメリカ産業のボスなのである。他にも売上高3.5兆円で世界第三位の「メルク」など、上位トップテンのうち5社がランクイン、世界の医薬品市場80兆円(2006年)の約半分以上をアメリカ企業が叩き出している。アメリカは医療分野で、文字通り、最強なのである。
 世界の半分の医療ビジネスを牛耳っていながら、なぜ年間78万人も医原病でなくなり、4600万人が無保険状態になっているのか、不思議な気がしてこよう。
 逆なのだ。アメリカが世界最強の医療ビジネスを展開しているために、これだけの人が亡くなり、これほど多くの人が、まっとうな医療を受けられなくなってしまったのだ。
 詳しく説明していきたい。
アメリカの医薬品メーカーが躍進してきたのは新薬の開発スピードにある。世界のライバル企業に比べ、アメリカ企業は「治験」のスピードが圧倒的に速いのだ。アメリカでは新薬開発の臨床試験に協力する人が非常に多く、あっという間にデータが揃ってFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受け、いち早く世界で販売を開始する。この開発スピードを支えているのが、そう、4600万人の無保険者たちなのである。
構造は簡単だ。4600万人にのぼる無保険状態の人が病気や怪我をした場合、当たり前だが、普通の病院では治療拒否を受けるし、正規の料金はバカ高い。なにせ医者の「言い値」なのだ。保険がなければ怖ろしくて治療など受けられたものではあるまい。