言霊百神│種智⑲

火之夜芸速男神(ひのやぎはやをのかみ)、
また(亦)の名は火之炫毘古神(ひのかがびこのかみ)、
また(亦)の名は火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)【言霊ン】
先天父母音の十七音と後天子音の三十二音で合計四十九音であり、これにンを加えて五十音となる。『易』はこれを「大衍の数五十、其の用四十有九」(『易経』「繋辞上伝 第九章)と云う。大衍を訓でフクシクと読めば「下津磐根に宮柱太敷立」(「大祓祝詞」)と云う数である。斯うして音の全部が出揃った時、これを神代表音文字にあらわして、太古はそれを粘土盤の上に記した。