私の言霊体験㊺

 今まで活躍していた人がいなくなり新しい人が活躍する時代となっている。時代の変化に追いついていない自分がいる。そうネット世界の変化に就いていけないので少し離れたが、結局再びネット世界に戻ることとなる。過去の人になるにはまだ早いようである。人は現在を生きるようにできている。ただ今までとの違いはこれまでの生きてきた事を総括する余裕ができたことであろうか。これまではある瞬間瞬間における流れを相互に考える余裕がなかった。生き方が3つ4つをバラバラに生きてその関連がなかった。いや関連を考える余裕がなかったと言ったほうが正確である。その時その時の判断は目先の利益優先だったような気もする。利益優先というよりもやりたいこと優先といったほうが正しいかもしれない。では自分として満足する生き方であったかと言うとこれまた満足にはほど遠いいき方であった。これまでは多数の経験と経験の間を考えようとしても全く覚えていない状況である。自分がなぜそのような方向に進んだかも思い出せなかった。自分自身の興味とやらなければならない目標によって切り開いてきたにすぎない。当時はやればやるほど広く深くなることは理解できたがそれを誰にでも理解できるように話すことはできない状況である。一般の生活で必要とする言葉と学問を理解する言葉が一致しないのである。それはパソコンの世界にも言える。それを一致させるにはそれなりの時間的余裕が必要である。最近やっとよのような状況に立つことができるようになってきた。この状態にならないと一般の人との会話が成立しないのである。人と人とのつながりは会話によって成立するがその世界は無限に深く広いので話のとっかかりを間違えると会話が成立しなくなる危険性がある。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31