私の言霊体験㊻

 一般の人との会話が成立しないとは普通の会話が成り立たないのである。例えば経済活動について何かを利用する場合、その利用するための規則を理解していなければ利用することはできない。社会生活をしているので当たり前であるがそれが外国人であった場合その規則を理解するには二重、三重の困難さが生じる。私の外国の友人と会話をする時にも具体的にある場所で待ち合わせをするとなるとなかなか一致しないことがよくある。普通の会話では駅の北と南、西と東も理解させるのに難しい時がよくある。特に方向オンチの人では携帯を持っていなければなかなか会うことができない。これは同じ国の人でも生じるのだから外国人となればなおさらである。会話が成立しない時は時間をかければ次第に分かってくるが互いに急いでいる時は困難である。理解できないと互いに不安感が生じ敵対関係にまで発展することもある。人と人との関係は理解することから始まるのである。言葉は人を作り上げる道具であると同時に会話により互いに理解するための道具でもある。言葉がなければ現代の文明は一瞬に滅んでしまう。
 太古の時代地球上の言葉は統一していたと聞く。そこ言葉が日本語であったようである。その後言葉が分裂して現代のようになったそうである。詳しくはこれからの研究課題になると思いますが、五十音言霊から天界、霊界、現界という世界が作られ今回の岩戸が開かれる時、霊会はなくなるそうである。天界と現界が一致すれば霊会は必要なくなる理屈である。まあ正直者ばかりの世の中が生まれるということのようである。即変わるか徐々に変わるかは分かりませんが良くなって言うことだけは確かなようです。ただ仕組み自体はシンプルなようです。シンプルにしなければ詐欺が横行することになるからです。

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829