医療

波動医学.2│歴史的背景

2.ニュートン医学VS.アインシュタイン医学…医術と医学の歴史的背景 生薬医学…薬物療法のはじまり ホメオパシー医学…生薬医学の革新 水の驚異…水が可能にするもの ホメオパシーによる治癒の微細エネルギー・モデル 【キーポ…

波動医学.1│アインシュタイン的

1.ホモグラム、エネルギー、波動医学…アインシュタイン的生命観 レーザー光の驚異…あたらしい現実モデルとしてのホログラフィー 「上なるものは下なるものの如し」…自然界におけるホログラフィー原理 エーテル体の科学的証拠 フ…

西洋医学の歴史│近代.5

近代ヨーロッパの医学.5  十八世紀には病理解剖が栄えます。パチスタ・モルガーニ(1682~1771)はこつこつと多数の人体解剖をおこない、生前の病状と照らし合わせて、大著『解剖所見による病気の所在と原因について』をまと…

西洋医学の歴史│近代.4

近代ヨーロッパの医学.4  十九世紀後半から二十世紀にかけて医学は華々しい時期を迎えます。パスツールやゴッホの細菌学、ワクチンによる免疫療法、血清療法によるいろいろな病気の治療法の発見があります。まずワクチンによる狂犬病…

西洋医学の歴史│ 近代.3

近代ヨーロッパの医学.3  十九世紀半ばになって麻酔法が確立され、以後、外科手術が一変します。それまでの外科手術の光景は、手術前に「あなたは、脚を切って欲しいのですね?」と外科医が最終的に確認します。「はい」と返事があれ…

西洋医学の歴史│ 近代.2

近代ヨーロッパの医学.2  十七世紀のモリエールは芝居のなかで、宗教とともに医師をも真っ向から批判しています。モリエール自身、胸を病んでいて、当時の医師にかかって、そのインチキさかげんに、いや、当時の医学そのものの不完全…

西洋医学の歴史│ 近代.1

近代ヨーロッパ.1  医療にルネサンスの影響が現れるのは十六世紀からで、ヴェサリウスの解剖学が始まりです。その解剖学は大部分が彼が自分自身の目で見たことを述べて、それまで金科玉条とされていたガレノスの学説を根本から揺るが…

西洋医学の歴史│中世

中世の医学  次に中世の医学は、ご存じのように、キリスト教の支配下にあり、学問としてはまったく停滞します。迷信が横行して理性が死に、ギリシャ・ローマの医学説を金科玉条にして、これに盲従しました。しかしアラビアには、中世ヨ…

西洋医学の歴史│古代

古代の医学  西洋でも、医術と魔術とは昔から堅く結びついていたのですが、ギリシャ時代に、医学の父と言われるヒポクラテスが、健康と病気を自然の現象として観察して、医術を魔法から引き離した。当時のエンペドクレスやアリストテレ…

東洋医学.25

八綱弁証で証を.3 ⑤陰証と陽証  陰陽学説では、陰陽の相対的バランスが失調し、偏盛または偏衰が起こることで病気になると考えています。  疾病の発生には、虚証と実証で説明した正気と邪気が関係しています。正気には陽気、陰液…
2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930