医療

古歩道│製薬会社③

アスパルテーム…ラムズフェルドの遺産生物兵器(ベティ・マルティーニ{ミッション・ポッシブル創業者]) 現代世界の数多い皮肉の中でも、ジェラルド・フォードが大統領自由メダル…アメリカ最高の市民栄誉…を1977年1月19日に…

古歩道│製薬会社②

タミフルを後押しする製薬会社とドナルド・ラムズフェルドとの問題ある関係(2009年5月2日「デイリーメイル・オンライン」)② これは、ブッシュ大統領の保健問題トップ・アドバイザー、マイク・リーヴィットが、伝染病は米国だけ…

古歩道│製薬会社①

タミフルを後押しする製薬会社とドナルド・ラムズフェルドとの問題ある関係(2009年5月2日「デイリーメイル・オンライン」)① 豚インフルエンザ薬「タミフル」を後押しする製薬会社が、前・米国国防長官ドナルド・ラムズフェルド…

古歩道│ロックフェラー研②

「優生学」を受けついだロックフェラー医学研究所② 毒を持ってがんを防ぐ。その名目は、あらゆる毒の開発へとつながる。また、がん発生のメカニズムの研究も行われる。原爆開発では、「アトミック・ソルジャー」としてグラウンド・ゼロ…

古歩道│ロックフェラー研①

「優生学」を受けついだロックフェラー医学研究所① ロックフェラー財団、つまりロックフェラー医学研究所は、バイエル社からアスピリンを供与してもらい、ドイツ医療ギルドから譲り受けてアメリカの製薬メーカーとなった「メルク・カン…

古歩道│大麻を奪った③

ロックフェラーが人類から大麻を奪った③ このマリファナ禁止法によって、1965年から2千万人以上の逮捕者が出ている。1年で40万人、月3万6000人、一日1200人、1時間に50人の逮捕者という計算になる。 捜査経費の総…

古歩道│大麻を奪った②

ロックフェラーが人類から大麻を奪った② こんな、とんでもない政策をアメリカ国民が受け入れたのには理由がある。 1929年の世界恐慌後、アメリカ経済は大胆な財政出動によって1934年までに、一旦、持ち直した。ところが、なぜ…

古歩道│大麻を奪った①

ロックフェラーが人類から大麻を奪った① 大麻は、万能薬で、簡単に栽培できる。 ロックフェラーが目論む石油化学産業による「医薬品」独占と利益の収奪は、まさに「大麻」販売権を独占することで実現する。 かくてロックフェラー一派…

古歩道│「大麻」は万能薬④

まあ、見てもらえばわかるが、どんな病気でも薬効がある万能薬なのである。 まさか、そう思っている人もいるだろう。だが、別に不思議でもない。大麻にかぎらず、アヘンを作るケシにしても「万能薬」と言っていい。事実、効果の高い医薬…

古歩道│「大麻」は万能薬③

腹膜痛、非ウイルス性肝炎、膵臓炎、腎炎、腎障害、尿管結石痙攣、尿道炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、精巣回転症、骨盤内炎症性疾患(PID)、子宮内膜症、月経前緊張症、膣痛、更年期障害、スタージ・ウェーバー症候群、湿疹、天…
2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930