言霊

言霊百神│創造の序曲⑤

天沼矛(あめのぬぼこ)① 現象的に直截に説明すれば言語を発する器官である舌のことである。舌は矛(鋒)の形をしている。然し舌は舌だけで活動するわけではない。舌は心の動き、心を言葉をまとめ上げて宇宙の事を表現する宇宙の機関の…

言霊百神│創造の序曲④

「無名(名無き)は、天地の始めにして、有名(名有る)は、万物の母なり。」(『老子』)と云うが、岐美二神の創造の意義に老子のこの命題がぴたりと当て嵌まる。森羅万象が生まれると云うことはその名ができると云うことである。森羅万…

言霊百神│創造の序曲③

こ(是)の漂(ただよ)へる国をつく(修理)り固め成せ 漂える国とは混沌である。其処にはただ先天である父母十七音の天名が存するだけで、具象具体の実相現象としての何物もまだ生まれない境涯を云う。『日本書紀』はこれを「渾沌(ま…

言霊百神│創造の序曲②

伊邪那岐命、伊邪那美命、二柱の神 前述の如く伊邪那岐神と云う場合は原理であり理体であり、伊邪那岐命と云う時はその原理の表現である言葉であり、同時にその原理の実現者、活動体としての人間である。神道に於ける神と命の関係は仏教…

言霊百神│創造の序曲①

ここ(是)に天津神諸(あまつかみもろもろ)の命(みこと)を以(も)ちて 先天の内容である十七言霊を「天津神諸の命」と云う。みこととは御言である。この十七個を天名(あな)と云う。「あな(穴)かしこ」と云われるアナであり、先…

言霊百神|創造意志(子音)⑤

『古事記』はすべて人間に顕われ、人間に自覚され、人間の内容と仕業として活動している生命の知性の真理を説いている。その真理の内容の一つ一つを夫々の神又は命と云うのである。人間の存在とは無関係に超絶して宇宙に存在する如く考え…

言霊百神|創造意志(子音)④

岐美二神は造物主であり、人間の先祖であると従来の一般神道家国学者は簡単に考えている。祝詞の中ではその名を皇御祖(すめみおや)と称えている。『ウエツフミ』などにも「タカマトヨチ、オホチ(大父)カムイザナギノミコト」と記され…

言霊百神|創造意志(子音)③

人類の言語の原則である布斗麻邇の五十音はこの原則を把持し、この原則によって生み出される。そして同時に五十音そもそもが生命の知性の基本である原理原則の自己表現となる。真理の把握表現方法としてこれ以上に正確にして簡潔なものは…

言霊百神|創造意志(子音)②

以上のところをもう一度繰り返して説こう。初め宇宙が剖判すると高御産巣日(アオウエ・イ)と神産巣日(ワヲウヱ・ヰ)に分れる。仏教ではこれを五大(地水風火空)と云い、儒教ではこれを五行(木火土金水)と云い、キリスト教ではこれ…

言霊百神|創造意志(子音)①

伊邪那岐神【言霊イ】 伊邪那美神【言霊ヰ】 この二神は『古事記』「序文」に「二霊群品の祖(おや)となれり」とあるところの造物主である。事物はすべて物夫れ自体すなわち独神で存したとて現象にはならぬ。太極の宇宙自体の始原感覚…
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031